防災と災害情報のニュースメディア
  • 防災知識

震度6弱以上の発生確率 あなたの地域は何%?

太平洋側に発生率の高い地域が集中している/地震調査研究推進本部HPより引用

 地震調査委員会は20日、今後30年以内に震度6弱以上の揺れが発生する日本各地の確率を計算した、最新版の地震動予測地図を公表した。

 

 この予測地図は、日本全国の断層や周辺海域の震源などの調査結果から割り出されたもので、同委員会では毎年発表。今回は南海トラフ地震の最新研究も考慮して作成されており、希望者は防災科学技術研究所のサイトで確認することが可能だ。

 

 震度6弱以上の発生確率が最も高かったのは千葉市で77%。他にも高知市で71%、津市で70%、横浜市で70%など、特に太平洋沿岸部で数値の高い地域が広がっている。

 

 他の都市・地域については、防災科学技術研究所のサイトからご確認を。

 あなたにオススメの記事

メニュー