防災と災害情報のニュースメディア
  • 歴史

防災歳時記12月25日 クリスマスの真実

クリスマスの本当の意味は…(撮影: HIRAOKA,Yasunobu)

 12月25日と言えば、誰でも知っている「クリスマス」。

 

 でも自分の靴下にこっそりプレゼントを入れてくれるのはサンタクロースじゃなく両親なのだと知ったのは、小学生のころだった。

 

 味気ないとは思いつつも、翌年からは親に欲しいものを明確にオーダーするようにした。

 

 しかし「サンタの正体」を知った後も、ずっと「クリスマスはイエス・キリストの誕生日」というのは信じていた。

 

 新約聖書に「イエス様の誕生日は12月25日」なんてどこにも書かれていないという事実をを知ったのは、人生も黄昏時にさしかかろうという最近のこと。

 

 だから何だというわけでもないが、けっこうビックリした。

 

 ちなみに「クリスマス・イブ」とは「クリスマスの前日」のことだとばかり思っていたが、「イブ」の語源は「イブニング(夜・夕方)」らしい。

 

 ユダヤ暦では日付の変わり目が日没だったため、クリスマス自体が、24日の夕方から始まることになる。

 

 だから「イブ」は「前日」じゃなくて、まさに「当日」ってことだった。(どっちかと言えば25日の日没後はクリスマスじゃない、という方が正しいか)

 

 

 日本に初めてクリスマス、ならびにサンタクロースが輸入されたのは明治に入ってからだが、最初のサンタは「かみしも」をつけ、腰には大小を差した「殿様風」のいでたちだったとのこと。

 

 ちなみに1898年(明治31年)に日曜学校の教科書に登場したサンタクロースは「北国の老爺(おやじ)三田九郎(さんたくろう)」。

 

 吹雪の晩に少年に助けられた旅人が、翌年のクリスマスにプレゼントをいっぱい持ってやってくるというストーリーらしいが、「三田九郎」の風体が、みすぼらしい、というか実に怪しい。

 

 またロバのような動物に「贈り物」のかごを背負わせているが、このポニーより小さい貧相な動物は一体なんだ?

 

 …、とこのように由来から目的・意義もよく分かっていない日本で、急速にクリスマスが広まったのは、昭和一ケタのころ。

 

 理由は単純明快、大正天皇が崩御されたのが偶然にも12月25日で、先帝祭として休日だったから。

 

 WiKiによれば、昭和6年ごろの新聞にはすでに「クリスマスが訪れ、サンタ爺さん大多忙をきたす」といった記事が書かれているらしい。

 

 当社のある六本木界隈は、この季節「サンタ爺さん」ならぬ、多くの若く美しい「レディ・サンタ」が闊歩している。

 

 「和魂洋才」はこの国の専売特許だが、それにしてもクリスマスって一体なんだったんだ?

 

 歴代ローマ教皇の言葉をひもとく限り、一つだけ分かることは、クリスマスはどうも「ばか騒ぎ」をするだけではなく、「深く内面を見つめ直すチャンス」でもあることだけは確かなようだが……。

 

 

トナカイではなく貧相なロバのような動物とともにやってくる「北国の老爺(おやじ)三田九郎」

 あなたにオススメの記事

メニュー