防災と災害情報のニュースメディア
  • 地震

減災に向けて新しい地震研究組織を発足 中部6大学

 名古屋大、名古屋工業大、豊橋技術科学大、静岡大、三重大、岐阜大ら国立六大学は、南海トラフ巨大地震の減災を目指す研究組織「東海圏減災研究コンソーシアム」を3月に発足する。

 

 地震や減災の研究には地震学、人文科学、建築学、土木学などの専門的な知識が必要になるが、一つの大学でこれらを網羅するのは難しい。そこで同コンソーシアムでは、各大学が苦手な分野を補完し合い、南海トラフ大地震への減災や対策を研究。互いの研究データの共有や、人材の育成、災害関連する伝承の研究などを共同で行っていく。

 

 なお、3月3日には名古屋市千種区の名古屋大で発足式が開催される。

 あなたにオススメの記事

メニュー