防災と災害情報のニュースメディア
  • 軍事

南スーダンPKO 韓国へ供与の弾薬1万発 自衛隊に返還

 自衛隊がPKO活動に派遣されている南スーダン共和国ミッション(UNMISS)で、緊急事態に鑑み自衛隊が韓国部隊に供与した弾薬1万発について、防衛省・自衛隊は16日に、当該弾薬を受け取ったと発表した。

 

 この弾薬については、韓国側が「すでに返還している」と発表したのに対し、日本側は「まだ返還の事実はない」と、双方の主張する内容に食い違いがあったが、防衛省・自衛隊は16日、「本日、UNMISSから日本隊に対して、当該弾薬を返還する旨の連絡があった。当該弾薬は本来UNMISSに派遣された自衛隊の部隊がその任務の遂行のために必要なものとして持ち込んだものであることから、我が国として、当該弾薬を受け取りました」と発表し、弾薬返還の日付は16日であることを明らかにしている。

 あなたにオススメの記事

メニュー