防災と災害情報のニュースメディア
  • 生活情報

あなたはマイル派?クレジットカードは一人平均3.3枚

 JCBが全国の男女3500人(20~60代)を対象にクレジットカードの保有枚数や利用状況などのアンケート調査を実施したところ、2013年度のカード保有率は86.2%で、一人あたりの平均枚数は3.3枚となることがわかった。

 

 JCBによると、昨今のクレジットカードの使い方は、メインの1枚に使用を集中させるという「メインカード化」の傾向が続いており、それにともなって平均保有枚数は2012年度の平均3.5枚から3.3枚へと減少。

 

 一方で、月平均の利用金額は微増傾向が続いており、2011年度の4万8000円、2012年度の4万9000円からさらに1000円増えて2013年度は5万円に達した。

 

 カード会社を選ぶときの基準は「ポイント」や「マイル」が最も重視され、その次に入会費や年会費の安いところに人気が集中。

 

 利用目的については、オンラインショッピングや携帯電話、スーパーマーケット、プロバイダ料金、ガソリンスタンドが上位を占めており、最近の傾向として電気代やガス代など毎月支払われる光熱費などへの決済も3年連続で増え続けている。

 あなたにオススメの記事

メニュー