防災と災害情報のニュースメディア
  • 経済

ソニー 創業の地・旧本社ビルを161億円で売却

 ソニーは7日、品川に保有する「NSビル」など土地建物の一部を161億円で住友不動産に売却すると発表した。

 

 NSビルは創業の地である御殿山エリアにたつ旧本社ビルで、ソニーが家電大手からIT事業へと移行する際、中心となった建物。売却総額は161億円で、2014年4月中に譲渡の完了を目指し、2014年度第1四半期の決算に約100億円の売却益を計上する見込みとしている。

 

 ソニーは今年2月6日にも、VAIOシリーズなどを手がけるPC事業を日本産業パートナーズ(JIP)へ売却すると発表(受け渡しは3月中)、今後はスマートフォンやタブレット分野に集中するとしており、国際的な競争が激化する中、急ピッチで事業の再編を進めている。

 あなたにオススメの記事

メニュー