防災と災害情報のニュースメディア
  • 生活情報

GW中の高速道路 渋滞のピークは下りが3日で上りが4~5日

 全国の高速道路を管理する各社(NEXCO東日本・中日本・西日本・JB本四高速・日本道路交通情報センター)は28日、ゴールデンウィーク中における高速道路は、下りで5月3日、上りで5月4~5日にピークを迎えるとする渋滞予測を発表した。

 

 今年のゴールデンウィークは4月26日(土曜日)から始まり5月6日(振替休日)までの最大11日間となっているが、4月は28日と30日、5月は1~2日が平日という飛び石連休のため、四連休となる3~6日に混雑が集中すると予測されている。

 

 全国各社のまとめによると、ゴールデンウィーク中に10km以上の渋滞が発生する回数は、下り線が3日の65回をピークに4日の37回、5日の20回となっており、その反対に、上り線は3日に29回、4日に45回と増え、5日にピークの58回を迎える。

 

 その中でも30kmを超える渋滞は全国32カ所で発生すると予測されており、たとえば関越自動車道の下り・花園IC付近では3日の午前8時頃に50km、東名高速道路の上り・大和TN付近では5日の午後7時頃に45kmの渋滞が発生するという。

 

 そのため各社では、ドライバーに向けて渋滞の時間帯を避けた利用を呼びかけるとともに、GW期間中は休憩施設に臨時トイレを設置したり、駐車場整理員を配置するなどの混雑対策も実施する予定とのこと。

 あなたにオススメの記事

メニュー