防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

小保方さん声震わせ会見 「STAP現象は確認されている真実」

記者会見に臨む小保方晴子研究ユニットリーダー(9日 大阪市内)

 STAP細胞論文の主著者 理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーは9日午後、弁護士とともに記者会見を開き、論文作成上の不備について謝罪する一方で、「STAP細胞は何度も確認されている真実です」と、STAP細胞の存在に疑義はないことを訴えた。

 

 同会見で小保方氏は冒頭、「日米2つの研究所が平行してネイチャーへ投稿する論文をまとめるという作業は、自分には荷が重すぎたのかもしれない」などと述べ、自身の不勉強や未熟さのために、多大な迷惑をかけたことを謝罪した。

 

 しかし同氏は一方で、「それでも私はSTAP細胞が、いつか誰かの役に立つと信じて研究を続けてきた。STAP現象は何度も確認されている真実。どうかSTAP現象が論文の体裁上の不備で否定されるのでなく、科学的な実験検証を重ね、将来、役に立つ技術になるよう育ててほしい」と述べ、論文作成上の不備が指摘されることによって、STAP細胞の存在自体を否定する議論にならないよう訴えた。

 

 会見に臨んだ小保方さんは、いささかやつれた表情で、やや涙ぐみ、声を震わせながら、自身がSTAP細胞研究にかけてきた熱意を説明した。

 あなたにオススメの記事

メニュー