防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

マダニ感染症で宮崎の男性死亡 国内22例目 全国で感染に注意

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を媒介するフタトゲチマダニ(出典:国立感染症研究所)

   宮崎市は10日、マダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で70代男性が死亡したと発表した。国内での死亡確認は22人目。マダニは春から秋にかけてが活動期にあたり、国立感染症研究所は全国的に注意するよう警鐘を鳴らしている。


   SFTSは、ウイルスを保有するマダニに咬まれることで感染。6日〜2週間ほどの潜伏期間を経て発熱や嘔吐、下痢、食欲低下などの症状が出て、重症化すると呼吸不全や下血などを引き起こす。


   宮崎市によると、70代男性は3月末から微熱があり、4月4日に医療機関を受診し、8日に死亡。ダニにかまれた痕があり、国立感染症研究所でSFTSウイルスと確認された。海外渡航歴はなかったという。


   国内では昨年1月に初めて発症例が報告され、これで発症患者は54人、うち死者は22人となった。発症例はこれまでのところ西日本のみだが、国立感染症研究所が九州から北海道までの26道府県でマダニを調べたところ、23道府県でSFTSウイルスが検出され、マダニは全国に分布しているとみられている。


   マダニは、鹿やイノシシなど野生動物の住む草むらや畑、民家の裏山に生息しており、春から秋にかけて活動する。東日本でも感染する可能性があり、同研究所は野外活動の際は肌の露出を避けるなどの対策を促している。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー