防災と災害情報のニュースメディア
  • 原子力

日立がロンドンに欧州原子力研究センタを設立

 日立製作所は10日、ヨーロッパの先進的な技術を取り入れ、安全で高効率な原子力発電所や廃炉技術などの開発を目的として、イギリス・ロンドンなどに「欧州原子力研究センタ」を設立すると発表した。

 

 イギリスでは1956年に西側諸国初となるコールダーホール原子力発電所の運転を開始するなど、
原子力発電所の建設や予防保全、廃炉などについてのノウハウや技術を培ってきた。

 

 特にイギリスでの研究開発は、大学を中心に材料や計測技術、基盤研究の分野が進んでおり、最近では廃棄物の処理や廃炉に関する研究開発が積極的に行われている。

 

 そこで同社では、2014年9月までにロンドンなどで欧州原子力研究センタを設立。イギリスをはじめとした欧州各国の大学と共同研究を進め、日立のBWR(沸騰水型原子炉)技術を融合させて、より安全で高効率な原子力技術の開発を進めていく。

 

 具体的には、原子力施設内の作業員の放射線被ばく量を低減させる技術や、原子力プラントの稼
働率を高める技術などの開発を目指し、同時に人材の育成にも取り組む予定。

 

 なお同社では、この欧州原子力研究センタ設立に先行して、2014年4月1日からイギリスの6大
学と先端メーカーなどで構成される研究コンソーシアムに参加している。

 あなたにオススメの記事

メニュー