防災と災害情報のニュースメディア
  • 宇宙

火星へ!次世代宇宙船「オリオン」を画像公開 NASA

耐熱シールドを装着したNASAの次世代宇宙船「オリオン」(NASA/Rad Sinyak)

 米航空宇宙局(NASA)は10日、火星や小惑星探査に使う開発中の次世代有人宇宙船「オリオン」の画像を公開した。

 

 オリオンは4人乗りのカプセル型宇宙船で、米フロリダ州のケネディ宇宙センターで大気圏再突入時に発生する約2000℃の高温から船内を守るための耐熱シールドを取り付けを終え、撮影された。

 

 今年12月には初めての無人試験飛行が予定されており、オリオンは国際宇宙ステーション(ISS)の高度の約15倍、高度5800キロの宇宙空間に打ち上げられ、周回軌道に投入後、秒速9キロの猛スピードで大気圏に再突入する。

 

 オバマ大統領は2030年代に火星への有人飛行を実現させるとしており、このオリオンは早ければ15年後にも、人類を乗せて火星へと旅立つことになる。

 あなたにオススメの記事

メニュー