防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

まんだらけ 万引き犯の素顔は公開せず 警視庁の要請受け

顔写真の全面公開は中止になった防犯カメラの画像/まんだらけHPより引用

「まんだらけ中野店4F変や」で「鉄人28号」の玩具を盗んだとする人物に対し、12日までに返却しなければ防犯カメラの素顔をHP上で公開するとしていた問題について、まんだらけは13日、警視庁の要請により顔写真の全面公開は中止すると発表した。

 

 この問題は、8月4日にまんだらけ中野店4F変やで鉄人28号のゼンマイ玩具(25万円)が盗まれ、これを12日までに返却しなければ、同店が万引き犯とする防犯カメラの人物の素顔をサイト上に全面公開するとしていたもの。

 

 前例のない強硬な姿勢に対して、ネット上を中心に「気持ちはわかる」とする同情的な声や、「やりすぎだ」という批判的な言葉で騒然としていたが、同店は13日になって、警察の捜査に協力するという立場から素顔の全面公開措置は中止にすると発表した。

 

 期日となる12日に犯人の身内と思われる女性から電話があったものの、当日は店舗周辺に報道陣が集まり、「とても犯人が入って来られる状況にはなかった」ことも考慮した上での決定だという。

 

 同店では、数多くの応援メールや電話を受けていたとも明かし、「法制度や司法・警察の現状にやりきれない思いをお持ちだということも事実として多々あるのだと思います」と、万引き犯に対して方策の限られた店側の現状を嘆きながら、「今後は証拠も十分あるので、警察の方々のお力を信じてお任せしてまいります」と語っている。

 あなたにオススメの記事

メニュー