防災と災害情報のニュースメディア
  • 東日本大震災

消火・救助活動など 『東日本大震災記録集』を公表 消防庁

 消防庁は、東日本大震災における消火救助活動などの体験談を職員から収集・調査し、発災から2年間に渡る活動を『東日本大震災記録集』としてまとめた。今後の消防防災対策に活かすことを目的としており、同庁のサイトで一般向けにも公開している。

 

 記録集は6章、637ページで構成。地震津波の概要に始まり、災害の状況、消防活動の内容、消防設備の復旧、福島第一原発における活動まで、写真や統計データなどと共に詳細な内容が報告されている。

 

 今回の震災では、阪神淡路大震災を機に法制化された緊急消防援助隊が発災当日に編成され、被災3県を除く44都道府県から延べ約11万人が出動。5千人以上の住民を救助した様子もレポートされている。

 あなたにオススメの記事

メニュー